テーマ:読書メモ

【未読】魂の脱植民地化とは何か

『魂の脱植民地化とは何か』(青灯社) キーワード:魂の脱植民地化 要調査。 人間が型にはめられて使われる状態、それを「魂の植民地化」と呼んでいるのですが、「魂の脱植民地化」、つまりそこからどう抜け出したらいいかを考えることが現在の研究テーマです。 安冨 歩 (YASUTOMI Ayumu, Professor/東文研…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「靖国問題」

追悼が顕彰に変わるとき、「死」の原因となった戦争が正当化される。これは新たなる死への「志願者」を絶やさないための仕掛け。 筆者は最終的な結論として「憲法9条」が条文通りの形で機能する「不戦国家」にならない限り、どのような「追悼」の施設も同じ危険から逃れられないとしている。 ちょっと読み応え有る。 高橋哲哉著 ちくま新書 200…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「憲法九条を世界遺産に」

お笑いタレント「爆笑問題」の太田光氏と宗教学者中沢新一氏の対談。日本国憲法は第二次大戦敗戦後の占領下という特殊な環境下で様々な偶然が重なり合ってできた「希な存在で壊されやすい危険性を持った物」であるという認識。「世界遺産」とはこの特質において共通点があるという。 改憲論議が盛んであった「小泉政権全盛期」の刊行であることにも注目。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more