テーマ:社会

年々重くなる社会保障の負担

高齢化が進めば更に年金や医療の負担は大きくなる。重い負担に対する若い世代の反発も強まっている。 このままでは「無い袖は振れぬ」で「命の選別」が発生する危険すらある。そのような事態を回避するためにはどうすればよいか真剣に考える必要がある。 また年金については、現在受給している年齢層やこれから受給する世代の中でも、様々な事情で受給資格が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜警国家論

国は治安の維持と外交、安全保障だけやってそれ以外は民間に任せるべきという考え方。 究極の「小さな政府」論。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more