メモ雑件

【新着】 2013.5.13 一会桑 一橋慶喜(将軍時代含む)・会津藩(松平容保)・桑名藩(松平定敬) https://twitter.com/kirinosakujin/status/333586946091802625 https://twitter.com/1059kanri/status/333589575832317…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世に倦む日日 について

世に倦む日日 田中 宏和 http://critic3.exblog.jp/ http://critic5.exblog.jp/ http://critic3.exblog.jp/8161841/ 形(かたち)は京都にある。しかし、心(こころ)は奈良にある。 森本公誠、公穣師のこと ほか
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「孤児作品」

権利者が見つからないため利用出来ない著作物。 著作権は積極的に権利を主張する手続きが必要ない為こういう問題が起こる。 特許の様に「出願」していない著作物は知的財産としては保護する必要ないとすれば全て解決する。また保護期間は没後ではなく制作後の期間で定める方が合理的だし、保護期間は長すぎない方が公益に適う。 「孤児作品」の問題
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気になるキーワード

楽観バイアス 都合の悪い事態は見ない、考えないということ。 災害や事故は他人に起こっても自分の身に降りかかる確率は少ない、と考える傾向 人の精神的健康を保つ上ではプラス。(これが全くないと不安神経症になり過剰防衛となる) 災害への備えを抑制してしまうので防災にはマイナスの心理となる。 子どもは大人と比べこのバイアス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Windows

ファイル>新規作成に「圧縮(zip)フォルダー」が無いときの対応。 【設定手順】 1.「スタート」→「ファイル名を指定して実行」をクリックします。 2.名前欄に regsvr32 /u zipfldr と入力して「OK」ボタンをクリックします。 3.「zipfldrのdllUnresisterServer は成功しました。」と表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現代型「うつ病」

「ディスチミア親和型うつ病」 (ディスチミア: Dysthymia, 気分変調) 仕事のストレスが原因なので、仕事を休むと元気になる。また、本業以外の部分では張り切って活躍する場合もある。そのため一見「なまけ病」に扱われやすい。会社では「ワガママちゃん」と呼ばれる事が多い。この状態を香山リカ氏が「正業不安」ということばで説明して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「靖国問題」

追悼が顕彰に変わるとき、「死」の原因となった戦争が正当化される。これは新たなる死への「志願者」を絶やさないための仕掛け。 筆者は最終的な結論として「憲法9条」が条文通りの形で機能する「不戦国家」にならない限り、どのような「追悼」の施設も同じ危険から逃れられないとしている。 ちょっと読み応え有る。 高橋哲哉著 ちくま新書 200…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「憲法九条を世界遺産に」

お笑いタレント「爆笑問題」の太田光氏と宗教学者中沢新一氏の対談。日本国憲法は第二次大戦敗戦後の占領下という特殊な環境下で様々な偶然が重なり合ってできた「希な存在で壊されやすい危険性を持った物」であるという認識。「世界遺産」とはこの特質において共通点があるという。 改憲論議が盛んであった「小泉政権全盛期」の刊行であることにも注目。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮のミサイル問題

元外務相勤務、元東大教養学部教授ほかの経歴を有する、浅井基文氏の記事より:朝日新聞の社説、一見筋が通っている様に見えるが、国際法の専門家から見ると重大な誤りがあるという。 指摘されればもっともなことなのだが、ほとんどの読者はその様な事を知らないので、社説に疑問を持つ者は少ないと思われる。そして筆者の浅井氏はいわゆる「活動家」ではなく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意志決定の他者依存

人生に迷う「ダメな読書」に注意せよ 本を読み無批判に著者の意見に従うだけではダメになる。「ハウツー」本で安易な解決を得ようとする風潮に警鐘。 【参考になる資料】 占い師による「決断代行」のゆくえ (小田嶋隆のコラム、特に最後のページに本件と関連のある話題。) 誰かの言いなりになりたいという欲求は、現代人にとってはかなり根…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more