テーマ:ネタ帳

「みみざわりのよい」という表現

誤用がいずれ正しい表現となることも多々有る、ということは過去記事にも書きましたが、明らかな誤用は、やはり気になります。 最近よく見聞きするのが、「みみざわりのよい」です。たぶん「肌触りが良い」と「耳障り」が混ざり合ってしまったのかとも思われますが、「耳障り」は「聞いて(聴いて)不快な言葉や音」を指す表現ですから、やはり「みみざわりのよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大戦中の暗号解読、連合軍の占領機構

要調査事項のメモ 戦争中日本の軍および外務省の暗号はことごとく解読されていたらしい。解読された暗号は「マジック(Magic)情報」と呼ばれ毎日、大統領や政府高官に供覧された。 極東委員会(米国ワシントン)、対日理事会(東京)、GHQ という占領の仕組みと各国の立ち位置はどうだったのか。 日本を降伏させることに一番多くの貢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タックスヘイブン

「パナマ文書」に関するニュースが世間を賑わせたが、そもそも「お金を稼いでいる人や多額の資産がある日とほど税金を払うことを嫌う」という傾向があるように思う。あくまでも「傾向」がある、ということで例外も多々あるとは思う。ただし、多くの資産を自由に動かせるほど、更にそこから多くの利益を得る可能性が広まるということは言えるので、「なるべく手元に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共感覚

Wikipediaより ある刺激に対して通常の感覚だけでなく異なる種類の感覚をも生じさせる一部の人にみられる特殊な知覚現象をいう。 例えば、共感覚を持つ人には文字に色を感じたり、音に色を感じたり、形に味を感じたりする。 「共感覚を持つ」と特定されている人物もいる模様。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慣用句は正しく使うべき

「噴飯物」 「役不足」 「流れに棹さす」 など。あくまでも誤用が始まり。 あらたしい→あたらしい とは違う話。慣用句の誤用が定着して、慣用句の意味そのものが変わってしまうというのはやはりおかしい。教育により是正すべき。 昔は「慣用句が正しく使えるか」が教養の程度の尺度となった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二義性

転石苔を生ぜず イギリスとアメリカ 「同じ言語で隔てられた2つの国」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パターナリズム

「自分のために良くないこと」を社会が規制する。 理由 1.社会全体の弱体化(不健康による生産性低下) 2.副作用による他人への危害(麻薬など)、第三者への迷惑(自爆事故で交通渋滞) 3.社会資源の占有(喫煙者の治療のため、先天病の治療が順番待ち) 4.自損行為に見せかけた他損(偽装犯罪)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動性の高い個体

内田樹氏、改憲と国民国家の解体に関する3件の記事。 憲法記念日インタビュー 改憲案の「新しさ」 朝日新聞の「オピニオン」欄に寄稿 昨今の動きは「機動性の高い個体」にとって有利な様に国家の仕組みを作り替えようと言うこと。 それを国民に支持させるために、名ばかりの「日本企業」(実態は無国籍企業)を支援させる様「ナショナリズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寺社関連

【要調査】高僧・徳一大師 法相宗 東大寺僧 奈良~平安時代 都を離れ常陸、会津で寺院建立
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メモ雑件

【新着】 2013.5.13 一会桑 一橋慶喜(将軍時代含む)・会津藩(松平容保)・桑名藩(松平定敬) https://twitter.com/kirinosakujin/status/333586946091802625 https://twitter.com/1059kanri/status/333589575832317…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゲドシールド」とは

SF作家・山本 弘 氏の造語。 自分の周りに自分で作ったモデルに基づく解釈を投影し、それと矛盾する現実に出会うと「陰謀説」に説明を求める。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世に倦む日日 について

世に倦む日日 田中 宏和 http://critic3.exblog.jp/ http://critic5.exblog.jp/ http://critic3.exblog.jp/8161841/ 形(かたち)は京都にある。しかし、心(こころ)は奈良にある。 森本公誠、公穣師のこと ほか
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「孤児作品」

権利者が見つからないため利用出来ない著作物。 著作権は積極的に権利を主張する手続きが必要ない為こういう問題が起こる。 特許の様に「出願」していない著作物は知的財産としては保護する必要ないとすれば全て解決する。また保護期間は没後ではなく制作後の期間で定める方が合理的だし、保護期間は長すぎない方が公益に適う。 「孤児作品」の問題
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気になるキーワード

楽観バイアス 都合の悪い事態は見ない、考えないということ。 災害や事故は他人に起こっても自分の身に降りかかる確率は少ない、と考える傾向 人の精神的健康を保つ上ではプラス。(これが全くないと不安神経症になり過剰防衛となる) 災害への備えを抑制してしまうので防災にはマイナスの心理となる。 子どもは大人と比べこのバイアス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Windows

ファイル>新規作成に「圧縮(zip)フォルダー」が無いときの対応。 【設定手順】 1.「スタート」→「ファイル名を指定して実行」をクリックします。 2.名前欄に regsvr32 /u zipfldr と入力して「OK」ボタンをクリックします。 3.「zipfldrのdllUnresisterServer は成功しました。」と表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現代型「うつ病」

「ディスチミア親和型うつ病」 (ディスチミア: Dysthymia, 気分変調) 仕事のストレスが原因なので、仕事を休むと元気になる。また、本業以外の部分では張り切って活躍する場合もある。そのため一見「なまけ病」に扱われやすい。会社では「ワガママちゃん」と呼ばれる事が多い。この状態を香山リカ氏が「正業不安」ということばで説明して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮のミサイル問題

元外務相勤務、元東大教養学部教授ほかの経歴を有する、浅井基文氏の記事より:朝日新聞の社説、一見筋が通っている様に見えるが、国際法の専門家から見ると重大な誤りがあるという。 指摘されればもっともなことなのだが、ほとんどの読者はその様な事を知らないので、社説に疑問を持つ者は少ないと思われる。そして筆者の浅井氏はいわゆる「活動家」ではなく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意志決定の他者依存

人生に迷う「ダメな読書」に注意せよ 本を読み無批判に著者の意見に従うだけではダメになる。「ハウツー」本で安易な解決を得ようとする風潮に警鐘。 【参考になる資料】 占い師による「決断代行」のゆくえ (小田嶋隆のコラム、特に最後のページに本件と関連のある話題。) 誰かの言いなりになりたいという欲求は、現代人にとってはかなり根…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more